メタボが心も身体もマッチョを目指すブログ

太り過ぎて日々のやる気も起きず体調不良にしょっちゅうになるおっさんが身も心もマッチョの超健康マンを目指すブログ

【読書】心を壊さない生き方 超ストレス社会を生き抜くメンタルの教科書【感想】


スポンサードリンク

お疲れ様です。

ろくのです。


Kindle UnlimitedにてTestosteroneさんと岡琢哉さんによる著書

 

『心を壊さない生き方 超ストレス社会を生き抜くメンタルの教科書』を読みました。

 

 

内容

全編通して対談形式で進みます。

 


前半にて心を守る為の食事、睡眠、運動の習慣をエビデンスと著者の主観によって解説

 


後半にて下記のメンタルヘルスの問題についての知識と対処法についての詳細を漫画も交えて解説してくれています。

適応障害

うつ病

強迫症

・不安症

摂食障害

アルコール依存症

発達障害

 

感想

対談形式なのでとても読みやすかったです。


TestosteroneさんはXもフォローしてるので結構好きだけど個人的に筋トレは最高のソリューションとは思ってないので笑

主観全開で筋トレゴリ押しして来るところはあんまり好きじゃないです笑

(僕自身は過去にボディメイクの大会に2回出た事もあるので筋トレはガッツリやってます)


ただ、本書は精神科医の岡さんとの対談形式で話が進むのでエビデンスでは無くTestosteroneさんの主観での話などは結構バッサリ切られてて面白かった笑

 


ちゃんとエビデンスレベルの高い話とTestosteroneさんの経験からこれ良いよっていう習慣とかを紹介してくれるのもわかりやすい。

 


後半のメンタルヘルスの知識についても

適応障害うつ病など名前は知ってるけど詳しくは知らなかったけど、漫画も交えて紹介してくれるのでとてもわかりやすかった。

 


また、適応障害やうつ等を患った方との接し方なども書いてあってとても勉強になります。

 


まとめ

とにかく読みやすい。

内容も入って来やすいのと最後には薬についての知識や心が病んだ時の相談窓口などの詳細もあってメンタルヘルス系の本の入門書(?)のような本です。


個人的にこれから管理職になる人や人事系のお仕事の方におすすめの一冊です。